2018年は「今年の漢字」で『』が選ばれるなど、日本全国で災害が発生した年でもありました。
横浜でもいつ大きな災害に見舞われるかわかりません。
そんな時のために、今から何ができるのか、地域で何ができるのか、
全国から支援のために来てくれる災害ボランティアの活動も含めて、
みなさんで考えてみませんか。
西日本を襲った豪雨災害の現地に派遣されたスタッフによる生の声を聞く、
またゲーム形式で避難所の雰囲気を感じられるワークショップなど、全4回の
講座です。

講座は全4回で、1回からご参加できますので、どなたでもお気軽にお申込みください!

詳細は以下のとおりです。またチラシはこちらです。

 

【第1回】1/26(土)10:00~12:00
~全国の被災地の様子、西区の災害予測とその備え~

【第2回】2/ 9(土)10:00~12:00
~避難所をイメージしてみよう!避難所運営ゲーム体験~

【第3回】2/23(土)10:00~12:00
~災害時の要援護者の声を聞く。実際の被災地から~

【第4回】3/10(日) 9:30~12:00
~災害ボランティア受入れと派遣の流れを学ぶ
災害ボランティアセンターシミュレーション~

会場:(各回とも)
西区福祉保健活動拠点フクシア
(西区高島2-7-1)

参加費:無料

参加申込み:
・TEL:045-450-5005
・FAX:045-451-3131
・メール:info@yoko-nishishakyo.jp
でお申込みください。